資産運用に必須の表とは?

資産運用をスタートするにあたって最低限知っておきたい知識の一つには、状況表と早見表の読み方があります。
普通に生活している分には目にする機会が無いので、難しそうなイメージがあるかもしれません。
しかし、資金を運用管理していくためには、これら2つの表を読めるのは必須になってきます。
これらの表がなぜ資産運用に必須なのかというと、これで今の資産がどんな状態にあるのか、その進捗状況が読み取れるようになっているからです。
状況表と早見表からは、資産状況の内訳、詳細が分かります。
一見していて順調に資産が増えているように見えていても、その内訳まで見ておかないと、実は損している部分が隠れているのかもしれないのです。
資産運用の状況、利益がどれくらい上がっているのかを正確に把握するためには、状況表と早見表を使って長期的に詳細を記録して、今後に役立てていく必要があります。
実際に、資産を効率的に増やしている人のほとんどは、状況表を早見表を使いこなしている人たちです。
ただやみくもに資金を投入しても、振り返りや反省無くして本当に孤立的な運用は不可能です。
状況表と早見表を使えば、過去から現在までの資産の状況の推移が分かり、今後の運用方法の決定にも影響を及ぼしてくるでしょう。
定期的にこれらの表で運用実績を振り返ってみて、運用方法を改める必要が無いか、振り分けを見直す必要があるか、など反省や改善できる点が無いか分析を怠らないようにしてください。
順調に資産が運用できているように思えても、最低でもこの2つの表のチェックと分析は欠かさないようにしておきたいものです。
そのためには、これらの表をいつでも手元に置いて参照できるように心がけておきたいですね。
状況用と早見表は言わば、航海における海図や羅針盤のようなものですから、いつも傍らに置いてパートナーのような存在として、活用しましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »